日次アーカイブ: 2007年11月14日

時刻表示は、unixのdateコマンドより楽かも知れない。
今日のネタは、これ。

sh-3.00$ cat example1.pl
#!/usr/bin/perl

print "------------------------------n";

$data = localtime;
print "現在時刻を表示するn";
print "$datan";

print "------------------------------n";

$time = time;
print "現在時刻をUNIXTIMEで表示するn";
print "$timen";

print "------------------------------n";

$gmtime = gmtime(time + 0);
print "現在時刻をGMTで表示するn";
print "$gmtimen";

print "------------------------------n";

実行結果は以下の通り。

sh-3.00$ ./example1.pl
------------------------------
現在時刻を表示する
Wed Nov 14 23:00:10 2007
------------------------------
現在時刻をUNIXTIMEで表示する
1195048810
------------------------------
現在時刻をGMTで表示する
Wed Nov 14 14:00:10 2007
------------------------------

.htaccessを使った、アクセス制限やリファラ制限、指定されたサイト以外からの直リンク禁止を
一発でジェネレートしてくれるサイトがあった。

mod_rewriteで他所のサイトにブッ飛ばすのも、コレの応用でできると思われる。
実例は帰ってから書くとするか。。。はよ帰りたい。

1件のコメント

会社でヒマしてるので、バーチャルマシンを1個作ってみたが、
うっかりしてタイムゾーンをEST(米国東海岸時間)で作ってしまった。

$ date
Wed Nov 14 14:05:56 EST 2007

(;゚д゚)ァ....

さてどうしようとGoogle先生に聞いてみたら、/usr/share/zoneinfo にある地域ファイルを
/etc/localtimeとしてコピーしてやればよいとのこと。
日本時間(JST)は/usr/share/zoneinfo/Japan なので、

1) # rm -f /etc/localtime
2) # cp -p /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
3) $ date

確認してみる

$ date
Wed Nov 14 14:20:03 JST 2007

これでよし。