使える.netのvpsにyumをインストールした


こんちわ、久々に登場 (っ´∀`)っ ゃー です。引越でこのブログを動かしている自宅サーバが止まるので、使える.netのVPSに移行しました。使える.netのVPSサーバは、基本的にrpmでパッケージを管理しているのですが、yumがインストールされていないのです。。。これでは不便なので、yumをインストールすることにします。

なぜか最初から
/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
/etc/yum.repos.d/CentOS-Media.repo
が入っていたのですが、yum本体は入っていません。リポジトリのファイルはそのまま使うことができます。

参考にしたのは
http://encafe.jp/wiki/index.php/%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%81%A3%E3%81%A8CentOS5%E3%81%A7Yum%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB
で、各種パッケージをダウンロードするのですが、この記事が書かれた時期が少々古いために、以下からパッケージを持ってきました。

http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/m2crypto-0.16-6.el5.1.x86_64.rpm
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.x86_64.rpm
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.x86_64.rpm
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-2.noarch.rpm
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/yum-metadata-parser-1.0-8.fc6.x86_64.rpm
http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/os/x86_64/CentOS/yum-3.0.5-1.el5.centos.5.noarch.rpm

これらを /var/www/vhosts/blogcube.info/private/src 以下にダウンロードして、あとは普通にrpmコマンドを使ってインストール。これでおしまい。なお、kernel関係は/etc/yum.confで

exclude=kernel* httpd* php*

としてあります。httpdとphpのバージョンを上げてしまうと、pleskの挙動がおかしくなるって人がいたようなので、無難にexcludeしてあります。
これでyumを使った楽々パッケージ管理ができるようになりました。