オープンソースカフェ下北沢 行ってきました


USPマガジン Vol.3で松浦副編集長が取材された 下北沢オープンソースCafe へ行ってきました。2012/01/11 にイベント 下北沢オープンソースCafe - シェルスクリプト Jelly! #40 があったので夕方からお邪魔させていただいたのです。

 

■ 下北沢オープンソースCafe - シェルスクリプト Jelly! #40

USP研究所 當仲 寛哲さんによる、ユニケージ開発手法の説明とデモが行われました。私はもう何度もその凄さを味わっているのでガヤでしたが、初見の方々には非常にインパクトが大きかったようです。

 

■ dune割

ぼくがオープンソースカフェに着いてノートPCを広げ、松浦さんと談笑していたら「お店にいる間に何か1つ成果を出すとdone割ききますよ」と教えてくれたのです。システムとしては「マスターの河村さんに今日の目標を書いた付箋を出す」→「その目標が達成されたら2杯目のドリンク500円が300円に(゚∀゚)」というやる気を喚起させるステキなものです。

せっかくなので、自宅のKVMにゲストOS1つ作ってブログを公開すると宣言しまして、マスターの河村さんにホスト名を決めていただき、VNCでOSインストールしながら當仲さんのお話聞いておりました。残念ながらラストオーダーには間に合いませんでしたが、意地でも当日やり遂げる!ということで閉店ギリギリに完成させたので、doneのハンコを押していただきましたw

2012-01-11 オープンソースカフェ下北沢 done割
2012-01-11 オープンソースカフェ下北沢 done割

 

■ 行ってみた感想

みんなが思い思いに作業するスペースとばかり思っていたのですが、それだけでなくモチベーション向上や突発的なイベントもあるので、非常に充実した時間を過ごせる場所であると思いました。SOHOなエンジニアだけでなく、サラリーマンでも週末のNPO活動や自学自習のために訪れることもあるそうで、一度足を運んでみてはいかがでしょう。