[PHP] タイムゾーンのエラーを抑止したい


さくらのvpsを借りてあれこれ遊ぼうとhshsしている (っ´∀`)っ ゃーたんです、こんにちは!
メモリ2GB(仮想3コア)を借りてみたのですが、思ったよりサクサク動いてくれています。お申し込みはこちらから。

まだお試し期間なのをいいことに、ab砲ぶっ放したりして遊んでるのですが、
テスト用のphpファイル(単なるphpinfo)にアクセスすると、apacheのエラーログに何やら変なのが・・・。
環境は CentOS release 6.2 (Final) httpd-2.2.15 PHP 5.3.3 です。

[Sun Apr 22 15:47:03 2012] [error] [client xxx.xxx.xxx.xxx] PHP Warning: phpinfo(): It is not safe to rely on the system's timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST' instead in /home/vhosts/path/to/hoge/public_html/index.php on line 2

見てみたらタイムゾーンのエラー(warning)と言っています。
このままにしておくと、date系の関数を実行するたびにエラーが記録されてしまいます。

We selected 'Asia/Tokyo' for 'JST/9.0/no DST'

って言ってるので、きっとタイムゾーンの設定してないんだろうなーと思って /etc/php.ini を見てみたら案の定でした。
どうやらこういう理由のようです。

※ PHPのドキュメントより引用

全ての日付/時刻関数で使用されるデフォルトのタイムゾーン。 PHP 5.4.0 より前のバージョンでは、
これは環境変数 TZ の値が設定されていない場合にのみ機能していました。
明示的に指定しなかったときにどのタイムゾーンを利用するのかについての優先順位は 
date_default_timezone_get() のページで
解説されています。サポートしているタイムゾーンについては
 サポートされるタイムゾーンのリスト を参照ください。

 

※ エラー発生時の設定

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Module Settings ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://www.php.net/manual/en/datetime.configuration.php#ini.date.timezone
;date.timezone =

※ 変更後の設定

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Module Settings ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://www.php.net/manual/en/datetime.configuration.php#ini.date.timezone
;date.timezone =
date.timezone = 'Asia/Tokyo'

たった1行 「date.timezone = 'Asia/Tokyo'」 を追加してあげて、
Apacheを再起動すればOKです。エラーログは余計なもの出力しちゃうと、実運用でクリティカルなエラーを見逃してしまう原因になるので、
極力余計なログを出さない設定にしたいものです。

でわ~♪