webサーバのアクセスログからステータスコードの集計を取る


nullpopopoApacheやNginxのアクセスログから、ステータスコードの集計を行うことはよくあると思います。ApacheやNginxはrpmでインストールした場合、通常はlogrotateにより日次や週次でローテーションされるので、現在のアクセスログと1世代前のアクセスログから本日分のログを抜きだし集計します。なお、ログのフォーマットは通常のcombined方式を前提としています。

[(っ´∀`)っ@www ~]$ cat bin/LOGCOUNT 
#!/bin/bash
LANG=C

LOGDATE=$(date '+%b %d %H:%M:%S')
ME=$(basename $0)
HNAME=$(hostname -s)
PID=$$
LOG0=/var/log/nginx/example.jp.access.log-$(date +%Y%m%d)
LOG1=/var/log/nginx/example.jp.access.log

TMP=${HOME}/tmp/${ME}_tmp.txt
OUT=${HOME}/logs/${ME}/${ME}_$(date +%Y%m%d).log

[ ! -d ${HOME}/logs/${ME} ] && mkdir -p ${HOME}/logs/${ME}

sudo cat $LOG0 | egrep $(date +%d/%b/%Y) > $TMP
sudo cat $LOG1 >> $TMP
echo | awk '{print "STATUS""t""COUNT"}'
cat $TMP | awk '{print $9}' | sort | uniq -c | sort -nr | 
awk '{print $2"t"$1}'
wc -l $TMP | awk '{print "TOTAL""t"$1}'

ログのローテーション設定により、変数LOG0とLOG1で指定するファイル名が変わりますので、これらはよく確認してくださいね。出力結果はこんな感じです。

[(っ´∀`)っ@www ~]$ LOGCOUNT 
STATUS	COUNT
200	224691
304	12849
404	7340
500	2904
"-"	1261
301	499
302	191
206	69
403	18
408	12
400	4
401	1
TOTAL	249839

ね、簡単でしょう?

[amazonjs asin="4844333399" locale="JP" title="できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応 (できるPROシリーズ)"]