日次アーカイブ: 2014年05月22日

さくらのクラウドで、ログイン後に一発シェルスクリプトを叩くだけでWordPressが動くようにシェルスクリプトを書いてみました。前提条件となる環境構築はこちらで取り上げたスタートアップスクリプトを実行済みであることとします。

■ 仕様

  • WEBサーバはNginx+PHP-FPM
  • NginxはCentALTリポジトリからインストールする
  • PHPはremi-php56リポジトリからインストールする
  • ドキュメントルートは /home/vhosts/IPアドレス/public_html
  • アクセスログは /home/logs/IPアドレス/ 以下に保存
  • Nginx全体のアクセス制御(IPアドレスによる制限) は /etc/nginx/denyhosts で行う
  • /etc/logrotate.d/nginx のローテーション対象ログに、バーチャルホストのアクセスログを含め、366世代保管にする
  • MySQLのrootパスワード、WordPress用ユーザのパスワードはインストール時に生成する
  • WordPress用のDB名、ユーザ名は変数で指定する
  • キックするシェルスクリプトの他には、/etc/nginx/nginx.confの元ファイル、/etc/nginx/denyhostsの元ファイル、WordPressダウンロードスクリプトの元ファイルを準備し、シェルスクリプトと同じディレクトリにアップロードする

…続きを読む

さくらのクラウドでは、OSインストール直後やインスタンス起動時にrootユーザでスタートアップスクリプトを実行してくれる機能があります。OSにCentOS 6.5(本稿執筆当時)を選択してインスタンスを起動したときに、一般ユーザができていたり(しかも公開鍵認証でログイン!)、yumでパッケージを最新化したいので、これを自動化することにしました。また、デフォルトのsshd_configではUseDNSがyesになっていたりGSSAPIが有効になっていたりするので、ログイン時に時間がかかる場合があります。なので、これらも無効化してしまいます。

…続きを読む