[concrete5]LAMP環境にconcrete5をインストールする


concrete5-logo最近concrete5がアツいらしいという噂を聞いたので、CentOS 6.6 (x86_64)の環境にインストールしてみました。作業はsudo権限をもった一般ユーザーで実施しています。(本稿の例では nullpopopo ユーザーで実施)

 

 

■ concrete5のダウンロード

まずはホームディレクトリにsrcディレクトリを作って、その中にconcrete5をダウンロードします。ダウンロードURLは2014/12/28時点の最新版(concrete5.7.3 インターナショナル版(ZIP形式 34.7MB)(2014.12.19リリース))なので、こちらで確認し、バージョンが変わった際には注意してください。

mkdir src
cd src/
wget -O concrete5.7.3.zip 
http://www.concrete5.org/download_file/-/view/74252/

■ Apache PHP MySQLインストール

とりあえずはbase(update)リポジトリにあるhttpd、php-* mysql-serverを何も考えずインストールしちゃいます。

sudo yum -y install httpd httpd-tools 
php php-bcmath php-cli php-common 
php-dba php-embedded php-enchant 
php-fpm php-gd php-imap php-intl 
php-mbstring php-mysql php-pdo php-pear 
php-pecl-apc php-pecl-memcache 
php-process php-pspell php-recode 
php-soap php-tidy php-xml php-xmlrpc php-zts mysql-server

 

■ ドキュメントルートのオーナー・パーミッション変更

これは必須じゃない作業ですが、コンテンツのファイルコピーをするためにrootになりたくないので、ドキュメントルートのオーナー・パーミッションを作業用ユーザーのものに変えてしまいます。また、あわせてホームディレクトリにドキュメントルートのシンボリックリンクを張っておきます。

cd /var/www/
sudo chown root:nullpopopo html/
sudo chmod 775 html/
cd
ln -s /var/www/html public_html

 

■ MySQLの設定

mysql-serverの設定を行います。

sudo chkconfig mysqld on
sudo service mysqld start
mysqladmin -u root password 'ルートのパスワード'
mysql_secure_installation

mysql_secure_installation では、rootのパスワード変更以外をすべてyes回答します。今回は以下のように回答しました。

Change the root password? [Y/n] n ←rootのパスワードを変更しない
Remove anonymous users? [Y/n] Y ←匿名ユーザの削除
Disallow root login remotely? [Y/n] Y ←外部からrootユーザーのログイン禁止
Remove test database and access to it? [Y/n] Y ←テストデーターベースの削除
Reload privilege tables now? [Y/n] Y ←権限テーブルを再読み込みする

 

■ データベースとユーザー「concrete5」の作成

データベース「concrete5」を文字コードUTF-8で作成します。作成後、show create database で確認しましょう。

mysql -u root -pルートのパスワード -e 
'create database concrete5 DEFAULT CHARACTER SET utf8;'
mysql -u root -pルートのパスワード -e 
'show create database concrete5;'
+-----------+--------------------------------------------------------------------+
| Database  | Create Database                                                    |
+-----------+--------------------------------------------------------------------+
| concrete5 | CREATE DATABASE `concrete5` /*!40100 DEFAULT CHARACTER SET utf8 */ |
+-----------+--------------------------------------------------------------------+

データベース作成の次はユーザー作成です。データベースconcrete5に対してまるっと権限を与えてしまいます。

mysql -u root -pパスワード -e 
"GRANT ALL PRIVILEGES on concrete5.* to concrete5@localhost identified by "パスワード";"

 

■ concrete5のコンテンツをドキュメントルートにコピーする

concrete5.7.3.zip を解凍し、ドキュメントルートにコピーします。ファイルやディレクトリのオーナーはapache、グループをnullpopopoに設定します。また、オーナーとグループに対しては書き込みの権限を付与しましょう。

cd /home/nullpopopo/src/
unzip concrete5.7.3.zip
cd concrete5.7.3
cp -pr * /home/nullpopopo/public_html/
cd /var/www/
sudo chown -R apache:nullpopopo html/
sudo chmod g+w html/

ここまでできたら、Apache (httpd) を起動します。

sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

 

■ concrete5設定

ブラウザでconcrete5のURLにアクセスします。上記のインストール方法でしたら、トップページにアクセスすると、インストール設定画面が表示されます。

concrete5_001-01

初期設定では英語表示なので、プルダウンメニューから日本語を選択します。

concrete5_001-02

次に、環境のチェック項目が表示されますが、すべてにチェックがついていることを確認し、次へすすみましょう。

concrete5_002

次に、サイト情報、管理者情報とデータベース情報を入力します。サンプルコンテンツはどちらを選んでもOKですが、一旦「フルサイト」を選んでおくことにします。

concrete5_003-01

concrete5_003-02

サイト名は好きなものを入力します。メールアドレスの下のパスワードは、concrete5ログイン時に使うものなので、ここで任意のものを設定します。メールアドレスのパスワードではないですよ。データベース情報は以下を設定します。

サーバー localhost
MySQLユーザー名 concrete5
MySQLパスワード (ユーザー concrete5 のパスワード)
データベース名 concrete5

「concrete5をインストール」をクリックすると、インストールが始まります。インストール終了後、「サイトを開く」をクリックすると、出来上がりです。

concrete5_004

concrete5_005

これくらい簡単にできると、一撃シェルスクリプトでインストールできそうですね。でわ〜♪

concrete5 公式活用ガイドブック (Web Designing BOOKS)