日次アーカイブ: 2015年01月06日

コマンドラインからWordPressを操作するwp-cliネタ、たびたびです。今回はWordPressのプラグイン操作(確認、アップデート、インストール、アンインストール)をやってみたいと思います。そして最後にShellshock診断もやってみます。

■ WordPressプラグイン一覧確認

プラグインの一覧は「wp plugin list」で確認できます。それでは見てみましょう。

$ wp plugin list
+-----------------------------------+--------+-----------+---------+
| name                              | status | update    | version |
+-----------------------------------+--------+-----------+---------+
| ewww-image-optimizer              | active | available | 2.1.2   |
| wp-multibyte-patch                | active | none      | 2.2     |
+-----------------------------------+--------+-----------+---------+

name列ですが、これはブラウザで見る名前とは違い、いわゆるスラッグとなっています。status列はactiveかinactiveかを表しています。上記の例では、ewww-image-optimizerのupdate列がavailableになっているので、アップデートしましょう。

…続きを読む

コマンドラインからWordPressを操作するwp-cliネタ、ふたたびです。今回は小ネタですが、WordPressのバージョン確認とアップデートについて取り上げてみたいと思います。

■ WordPressのアップデート有無確認

$ wp core check-update --path=/home/vhosts/$(uname -n)/public_html
Success: WordPress is at the latest version.

ご覧のように、ドキュメントルートにあるWordPressは最新版であることがわかります。それではバージョン番号を確認してみましょう。

■ WordPressのバージョン確認

$ wp core version --path=/home/vhosts/$(uname -n)/public_html
4.1

本稿執筆時点での最新版、4.1がインストールされていることがわかりました。それでは次に、wp-cliを使ってWordPressをダウンロードする手順をここで少しご紹介します。

…続きを読む

さて、昨日はさくらのクラウド CentOS6.6のパブリックイメージにdrupal6をインストールするスタートアップスクリプトをリリースしましたが、今日はdrupal7をインストールしてみたいと思います。

両者の違いですが、drupal6はあらかじめ日本語化された本体にjamail(Drupal 6.x 用 ISO-2022-JP メールエンコーディングモジュール)を追加したのに対し、drupal7は本体と日本語化パッケージを追加するようにしています。

今回の一撃スクリプトもgithubで公開しています。

…続きを読む