プロジェクトマネジメント

こんなお気持ちになるツイートを目にする機会が立て続けに2件ありまして。まあ、RTで流れてくる普段接点のない方々ばかりなので、真偽のほどがどうとか言うつもりはないのですが、どちらも共通するのは貧乏臭い生き方だなあというお気持ちだったりします。

コンビニでトイレ借りたら偽善便所ガム野郎呼ばわりされた

なんでこれがツイッター上で驚かれたのかを整理すると

  • 本来、トイレを利用されるというのはお店にとってコストである
  • 本来、ガム(のような少額商品であっても)を購入されるというのはお店にとってベネフィットである

という暗黙の前提(常識)を無視したツイートだったから驚かれたのですね。しかしこれは後述する「誰にとって」を掘り下げていくとそのロジックは理解しやすくなります。

…続きを読む

突然ですが、フリーランスのPL PMってどこに転がっているんですかねぇ。「ふ」と素朴な疑問として脳内に湧いてきたのでTwitterでつぶやいてみたのですが、やっぱりモヤモヤと気になるのでこちらにも書いておこうかな、と。

…続きを読む

前回、撤退戦略を取るに至るまでの経緯と契約書の重要性について書きました。今回は撤退戦略に舵を切った後の撤退戦術について書いてみたいと思います。そもそもプロジェクト撤退とは、戦いです。撤退戦なのです。撤退戦の勝利条件も含め、撤退戦術について詳しく紐解いてみましょう。

…続きを読む

1件のコメント

みなさんこんにちは。かつて火消しばかりやっていた @nullpopopo でございます。昨日twiterを見ていたらこんなツイを発見しまして。

↑の絡みでたけさんがフリーランスあるあるなブログをまとめられていてかなり参考になった(というか、「あるあるあるある↓」と頷いた)のですが、フリーランスで仕事していると、たまに、極々たまーになんですが、まるで普通に道を歩いてるだけでいきなり鉈で殴られるかのようにとんでもないクライアントに出くわしたり、最初はうまく回っていた案件(のように見えていた)なのに、だんだん雲行きが怪しくなりデスマーチに・・・という経験は誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

何を血迷ったのか、これからフリーランスのエンジニアになりたい、あるいは非自発的にやむを得ずサラリーマン戦線を離脱してフリーランスとして食っていかざるを得ない方々のご参考になれば、と私の黒歴史をほじくり返してみたいと思います。今回は、上位会社やPL、PMがいてあなたが下請の1メンバーとしてプロジェクトに参画しているという想定で書いています。

…続きを読む