タグ・アーカイブ: やってみた

以前、こちらでゲストOSのメモリサイズ変更方法を書いたが、たまにうまく動かないことがある。理由はわからんけど、コマンドそのものは正常終了しているのに反映されなかったり、ゲストOSを起動している間でないと反映されなかったり(ありえねー)・・・。

というわけで、どうにかならんものかとググったら枯山水のメーリングリストが引っかかったが、
調査したところ、libvirt(0.8.2-0.8.3)のqemuドライバでは、domainSetMaxMemory APIは
未サポートのようでした。(xenドライバではサポートされています。)
とのこと。うちのは libvirt-0.8.2-15.el5.3 だったんだけど、この辺とか見てると未だ対応中?ということで手動でゲストOSのメモリサイズを変更してみた。流れは以下のとおり。
1) メモリサイズを変更したいマシンをシャットダウンする

$ ssh hogehoge.example.com
$ sudo /sbin/shutdown -h now
または
$ su -
# shutdown -h now

2) エディタでxmlファイルを編集しメモリの上限サイズを変更する

$ sudo cp -p /etc/libvirt/qemu/hogehoge.example.com.xml /etc/libvirt/qemu/hogehoge.example.com.xml.orig

$ sudo vi /etc/libvirt/qemu/hogehoge.example.com.xml
変えるところは以下の2行。
  262144
  262144
ここの数値はキロバイト単位なので、1024で割ったら256MBになるって寸法。xmlファイルの先頭4~5行目にあるので、すぐに見つけられるはず。
 
 
3) 母艦マシンのvirshコマンドで反映させる
対象ゲストOSのxmlファイルを編集し終わったら、以下のコマンドで反映させる。
$ sudo virsh define /etc/libvirt/qemu/hogehoge.example.com.xml
4) 母艦マシンのvirshコマンドでマシンを起動する
$  sudo /usr/bin/virsh start hogehoge.example.com

作業前後で仮想マシンにログインしてfreeコマンドやtopコマンドで確認して、期待通りであればOKです。
ね、簡単でしょ?

さっきのエントリで、for文使ったりパイプに渡すような書き方しちゃったけど、

早速 @chonan さんから ツッコミ が・・・(;゚Д゚)

$ date --date="`date +%d` days ago" +%Y%m01
20110201
$ date --date="`date +%d` days ago" +%Y%m%d
20110228
$ date --date="`date +%d` days ago" +%Y/%m/01
2011/02/01
$ date --date="`date +%d` days ago" +%Y/%m/%d
2011/02/28
えらくシンプルにできました(;゚Д゚) タッタコレダケ
ゼロパディングの影響を極力排除したいなら
$ date --date="`date +%e` days ago" +%Y/%m/%d
2011/02/28
とか
$ date --date="`date +%-d` days ago" +%Y/%m/%d
2011/02/28
らしいけど、まだまだ精進しなきゃです。。。 (´・ω・`)
@chonanさん、有難うございます。

2017/12/31 03:30 追記

この投稿の方法で前月の今日、みたいな日付の求め方をしてしまうと、31日まである月や2月のように、正確でない日付が出力されてしまいます。GNU dateでもっと確実に前月を表示する方法は以下の投稿に書きました。


あるシェルスクリプトで先月分のログを抽出しているのですが、毎回毎回 YYYYMMDDと引数を入れるのがかったるい。できればこういう処理は自動化できれば作業品質も上がるだろうということで、1行でやってみました。

…続きを読む

すみません今回もネタ投稿ですw

qpstudy05 の懇親会でLTやるため、急ごしらえでスライド作りましたw
今回のネタは「CentOS5.5のガチ最小構成インストール」です。
どんだけ初期パッケージを削れるか、どんだけサービス落とせるかを
ゴリゴリやってみたってところです。

…続きを読む