Linux UNIXの自分のアカウントでsudoが使えるかどうかは、

このように、 /etc/sudoers の Defaults timestamp_timeout の値(分)を超えるまで待つか、何かしらのコマンドを実行して返り値を求めればよいです。が、自動実行しているスクリプトでこれをやろうとすると、

  • bashの内部コマンドなどで返り値がうまく取れない
  • sudoのパスワード待ち(対話コマンド)で待たされる

という問題を解決したくなるのが人情ってなもの。プログラムの中で自身のアカウントがNOPASSWDでsudoできるかどうかのチェックロジックを入れたいときに、このようなちょい面倒なハードルを超えなければならないのです。大きく面倒というわけじゃないですけど。

/etc/sudoers を短く編集するという手もあるじゃないかという声も聞こえてきますけど、それだと手オペでsudoするときの利便性が損なわれてしまいかねないので、システム全体の利便性を損ねずにプログラムの中だけで解決したいですよね?

…続きを読む

みんなが知っておくべき運用設計のノウハウ」、Amazonですすめられたので、Kindle版が250円と安価だったので試しに読んでみました。kindle unlimitedですと読み放題ですが、そうでなくても250円で運用設計の勘所を抑えられるので激安ですね。

…続きを読む

2018年12月2日(日) 13:30 より、コワーキングスペース茅場町 Co-Edo 3階 貸し会議室にて開催される「インフラエンジニアのためのキャリアセミナー2018」(主催 : BOSS-CON JAPAN) に、@nullpopopoが登壇いたします。

…続きを読む

みなさんこんにちは。9月18日からiOS12が降ってきましたね。私はすっかりSiriショートカットに夢中です。だって、そのままSSHクライアントにできるんですよ?

一般ユーザで実行したコマンドやシェルスクリプトの標準出力がそのままスマホに返ってきて、しかもクリップボードに一撃でコピーできる(そしてiOS上のアプリにペーストできる)のはわかったのですが、SSH接続先でroot権限のコマンドを使いたいじゃないですか。というわけで実験してみました。

…続きを読む