月次アーカイブ: 2月 2010

CentOS 5.4 x86_64で運用している自宅サーバですが、yum check-updateすると

kmod-kvm.x86_64                       83-105.el5_4.22                    updates
kvm.x86_64                            83-105.el5_4.22                    updates
kvm-qemu-img.x86_64                   83-105.el5_4.22                    updates

とのこと。アップデート自体は

# yum update

でOKですが、これらパッケージはホストOSのカーネルモジュールをアップデートするので、以下の手順を実行して修正を有効にする必要があります。

1. KVMゲストの仮想マシン(VM)をすべて停止します。

2. ハイパーバイザマシンをリブートするか、またはスーパーユーザとして、(「lsmod」を使用して確認した)kvm、ksm、kvm-intel、 kvm-amdの各モジュールのうち現在実行されているものすべてを(「modprobe -r [module]」を使用して)削除し、(「modprobe [module]」を使用して)リロードします。

3. KVMゲストのVMを再起動します。

※ 参考サイト
http://jp.redhat.com/support/errata/RHBA/RHBA-2009-1488J.html
http://www.jp.redhat.com/support/errata/RHBA/RHBA-2009-1423J.html
https://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2010-0088.html

とっくにあけきりましてオメデトウ御座います。 (っ´∀`)っ ゃー でございます。
久々に記事書こうとしたら、このblogのIDとパスワードをセットで忘れてしまいまして本当に焦りました。なので次の方法で思い出したわけで、まあ、次忘れたときのためにメモろうかと。

1) MySQLにログインする

$ mysql -h -u -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or g.
Your MySQL connection id is 226404
Server version: 5.0.77 Source distribution

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the buffer.

2) Movable Typeのデータベースに入る

mysql> use ;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed

3) mt_authorのテーブルをselectする

mysql> select author_email,author_name,author_nickname,author_password,author_hint from mt_author;
+------------------------+-------------+-------------------------+-----------------+--------------+
| author_email           | author_name | author_nickname         | author_password | author_hint  |
+------------------------+-------------+-------------------------+-----------------+--------------+
| hoge@example.com       | hoge        | (っ´∀`)っ ゃー       | OXeT67r/BsJDf   | 再設定~~   |
+------------------------+-------------+-------------------------+-----------------+--------------+

少なくとも、自分が author_email に設定されたメールを読める環境であれば、 author_hint に設定された再設定用キーワードをブラウザから入力してやれば、リセットされたパスワードをメールで受け取ることができます。さすがに auther_password では生PWは表示されないので、今回は例示用にselectしてみたけど、見るだけ虚しいので別に表示しなくてよいですw

author_name はログイン時に入力するIDのことで、 author_nickname は記事投稿時に表示される自分の名前です。ここで大事なのは author_nickname ですが、ほんとにこれ自分のIDなの?と確認するためにも、ニックネームは表示したほうがよいかも。