月次アーカイブ: 6月 2013

yokohamaみなさんこんにちは。最近はシェル芸でワンライナーばっかり書いておりましたが、久々にこってりとしたシェルスクリプトを書きたくなり、lxc管理ツールをリリースしました。

lxcのコンテナ管理は、 /usr/bin/lxc-* で簡単にできますが、CentOS上でlxcのテンプレートとなる環境を作成する「MAKELXC」と、10台までのコンテナを一元管理できる「LXCMAINTE」を書いてみました。いずれもホストOSはCentOS6で動作確認しています。

…続きを読む

nullpopopoみなさんこんにちは。頭のCPUアイドル100% (っ´∀`)っ ゃーでございます。今回は、VPS上にlxcで作成したゲストOS(コンテナ)をWEBサーバにしてみたいと思います。lxcのインストールとVM起動までの手順はこちらをご覧ください。ゲストOSはプライベートIPアドレスしか持っていないので、ホストOS側のiptablesでNATとIPマスカレードを設定してあげます。

…続きを読む

nullpopopoみなさんこんにちは。みんなのアイドル (っ´∀`)っ ゃーでございます。すみません言いすぎました。前回、さくらのVPS(CentOS6)の環境にlxcをインストールし、ゲストOSを作るところまでを行いました。ゲストOSにOpenSSHサーバをインストールし、一般ユーザを作ってログイン、sudoをインストールしてさあ「sudo su -」しようとしたら・・・

あ・・・あれ?ttyが取れない?なんか丁寧に謝られてしまいました。 (;´Д`)

しゃあなしなので、/etc/sudoers の設定を変えて解決。

旧) Defaults    requiretty
新) Defaults:nullpopopo    !requiretty

nullpopopoユーザはこれでsudoを使えるようになった。ちゃんちゃん。

nullpopopo今日は6月9日、ロックの日です。人生デッドロックな (っ´∀`)っ ゃー ですこんにちは。大抵のVPSは1台のサーバが野ざらしとなっているので、おのずとWEBサーバもDBサーバもインターネットに晒されます。例えばDBサーバをNATの内側に押し込めたい、という場合にどうするかを考えたのですが、クラウドにするのもお金かかってしまうし・・・そこでlxcを使ったコンテナ化です!

今回は、さくらVPS 2GのCentOS 6.4 64bitなサーバにlxcをインストールし、ゲストOSもCentOSをインストールしてみました。

 

※ 2013/06/14 訂正

項番6で、 /cgroup ディレクトリ作成の手順記載が漏れていましたので追記いたしました。申し訳ございません。

…続きを読む